床 矯 正 (8歳の矯正治療)

床矯正とは?


 乳歯の時はキレイな歯並びだったのに、下の前歯4本の永久歯が

重なって生えてきてガタガタなってしまった!

 これは顎の成長不足が原因です。

顎の成長不足を改善すべく、6~8歳までの成長段階で顎を広げ歯並びを整える矯正法

床矯正(ショウキョウセイ)いいます。

従来の方法では、歯を抜くことでスペースを確保していましたが、

床矯正をすることで健康な歯を抜かずに歯並びを整えることができます。

床矯正装置

床矯正は、装置に埋め込まれた拡大ネジを徐々に広げていくことで、歯列をゆっくり拡大し歯を並べるスペースを作ります。

歯列全体が広がった段階で、部分的なバネにより内側に入り込んでしまった歯を外側 に押し、歯列を整えて行きます。






始めるタイミングは?

遅くても犬歯(真ん中の前歯から数えて3番目の歯)が生える前の

7~8歳ごろがベスト!犬歯が生えてしまってからの矯正は

費用・時間もかなりかかってしまいます。

お子様の歯並びや噛み合わせが気になりはじめたら、お気軽にご相談ください。

料金について

内 容料 金(税込)備 考
拡大床¥100,000セット時にお支払いください
調整料¥3,240月 / 1回かかります