体にやさしいメタルフリー治療

過去に入れた差し歯の黒ずみ

気になりませんか?

年数の経過と共に、差し歯と歯肉の間に黒い線が出たり、歯肉が黒ずむことがあります。これは、差し歯や被せ物に使用している金属が歯肉に溶け出すことで起こります。溶け出した金属は歯肉や舌、唾液を通して体内に蓄積され、金属アレルギーの原因になります。


当院では安全で審美的にも優れた

メタルフリー治療を推奨しております

保険適用外になりますので、高額にはなりますが、長期に渡って白く美しい歯をキープすることができ、金属を一切使用しておりませんので金属アレルギーの心配もございません。

かつて、自費診療の主流であった「メタルボンド冠」の内側には金属が使用されたおり、その影響で歯肉の黒ずみが出てしまった歯も、メタルフリー治療でキレイなピンク色に戻ります。



土台もメタルフリーに!

土台と歯の境目に隙間ができ、経年による酸化でむし歯が再発しやすくなります。

土台と歯の境目がピッタリ合って隙間がない為、むし歯の再発防止になります。金属を一切使用しておりませんので、金属アレルギーの心配もございません。

自費料金表

自費料金表